[PR]

 インターネットバンキングで不正送金された現金400万円を引き出したとして、警視庁は中国人の男女2人を不正アクセス禁止法違反や窃盗などの疑いで逮捕し、26日発表した。同様に不正送金された総額は約9千万円にのぼり、警視庁は、中国人らによる組織的な犯行とみて調べている。

 逮捕されたのは、ともに中国籍の邸慶梅容疑者(28)=東京都新宿区新宿1丁目=と劉海成容疑者(37)=江東区亀戸4丁目。

 サイバー犯罪対策課によると、2人はほかのメンバーと共謀して昨年9月16日、都内の銀行のインターネットバンキングサイトで、兵庫県内の資材販売会社の口座に不正にログインし、他人名義の口座に約9千万円を送金。2人は現金引き出し役として、そのうち現金400万円を引き出した疑いがある。