[PR]

 民主党の鈴木貴子衆院議員は26日、離党届を枝野幸男幹事長あてに提出した。当面は無所属になる見通しだ。父の鈴木宗男代表率いる地域政党「新党大地」は自民党と連携を深めており、貴子氏は時期をみて自民入りを検討するとみられている。

 枝野氏は記者団に「重大な反党行為だ。北海道連から除籍処分を求める上申がある」と述べ、離党届を受理せず、除籍処分にする可能性に言及した。

 貴子氏は比例区北海道ブロックで当選したが、4月の衆院北海道5区補選で民主推薦候補を支援しない方針を示している。共産党も同じ候補を支援することに反発しているためで、「主張の異なる政党と集票目的だけで協力するのは国民を愚弄(ぐろう)している」と主張している。

こんなニュースも