[PR]

 「忠臣蔵」でおなじみ、赤穂浪士の討ち入りの舞台となった吉良上野介(きらこうずけのすけ)の屋敷跡を、地元・両国の人たちが守り続けている。世のイメージへの反論と「吉良びいき」はいかほどだろう。

 ことの始まりは江戸城の松の廊下。元禄14(1701)年3月、上野介は赤穂藩主・浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)に斬りつけられて傷を負う。理由は諸説あるが、幕府は内匠頭を切腹させ、浅野家は取りつぶしに。大石内蔵助(おおいしくらのすけ)ら赤穂浪士47人は翌年、吉良邸に討ち入り、上野介の首をとる――。

 討ち入りは元禄15年12月14日とされる。寒さが厳しかった今年1月下旬、東京都墨田区両国3丁目にある吉良邸跡を訪ねた。

 真っ白ななまこ塀の門をくぐると、内側は10メートル四方の敷地。吉良邸跡保存会の岡崎安宏会長(83)は「屋敷の一角だった場所。吉良邸は本来、この86倍の広さがあったんです」。1934年、売り出されていた民有地を地元の有志が資金を出し合って買ったという。

 塀に埋め込まれた絵画や写真の説明書きには、上野介が〈領民と親しく接していた〉などとある。〈襲撃の犠牲者〉として吉良家の家臣20人の名前が刻まれた石碑もあった。

 ひときわ存在感を放つのが上野介の座像だ。高さ75センチ。上野介が治めた愛知県西尾市(旧吉良町)に伝わる座像をモデルに、地元町会や保存会などが2010年、340万円をかけてつくった。岡崎さんは「『首を切られた人の像はねえだろう』って声も町会にはあったけど、悪者の認識を改めるんだって思いでね」。