[PR]

 民主党の岡田克也、維新の党の松野頼久の両代表は26日、国会内で党首会談を開き、3月中に合流することで正式合意した。来週にも両党の代表と幹事長でつくる「新党協議会」を立ち上げ、新しい党名や綱領などの検討に着手することを確認。合流後の党代表は岡田氏が続投する見通しだ。

 合流は、民主党の党名を変えつつ党組織は存続させ、そこに解党した維新の議員を合流させる方法をとる。民主議員の大半もいったん離党するが、すぐに再入党し、民主が維新を実質的に吸収合併する。両代表は、参院選後に代表選を行うことや、ほかの政党・会派などに結集を呼び掛けることも確認した。

 岡田氏は会談後の共同記者会見で、「日本の政治の流れを変える歴史的な日にしたい。新党は、安倍政権に疑問や不安を持つ人の受け皿になる」と訴えた。松野氏は「これは終わりではなくスタートだ。徹底的な行革政党をつくって、税金の無駄遣いを切る党にできれば」と強調した。

 両党の合流で、衆参両院で合わせて150人規模の勢力となる見通しだ。夏の参院選に向け、野党が結集する核となれるかが今後の焦点となる。(高橋健次郎)