[PR]

 福岡県那珂川町で2014年7月に男性(当時70)が歩道に乗り上げた車にはねられ死亡した事故をめぐり、福岡地裁は26日、車を運転し、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死)罪に問われた無職女性(22)=同県春日市=に無罪を言い渡した。

 女性は事故後に睡眠障害の「特発性過眠症」と診断されたが、判決は、女性に病気の自覚はなかったとし、運転を控えなかった過失を問えないと判断した。

 判決によると、女性は事故の4日ほど前から、ろれつが回らなくなったりトイレの個室で意識を失ったりした。当日も立ちくらみのため病院で検査を受けたが異常はなく、車で勤務先に戻る途中に意識がもうろうとなり事故を起こした。

 潮海二郎裁判官は、特発性過眠症は自覚症状がほとんどないと指摘したうえで、体調が悪くても睡眠障害と認識し、事故を起こす可能性があると予見するのは困難だったと判断。「運転を中止する義務があったと認めるには合理的な疑いの余地が残る」とした。

 福岡地検の長谷透・次席検事は「判決内容を精査し適切に対応したい」とコメントした。(安田桂子)