キリンビバレッジと富士フイルムは、美容をテーマにした新たな飲料を共同開発した。コラーゲンを含む飲料で、両社のノウハウを生かして飲みやすくし、低価格に抑えた。美容関連の飲料市場は広がっており、両社は新商品で若年層の需要をねらう。

 飲料の名称は「キリン アスタリフト ウォーター」。4月12日から売り出す。富士フイルムの化粧品「アスタリフト」に使う抗酸化作用成分や純度の高いコラーゲンを配合。キリンビバレッジが持つ製造技術で臭みや苦みをなくした。500ミリリットル入りペットボトルの希望小売価格は150円(税別)。清涼飲料水の中心価格帯に近づけた。

 美容に良いとされる成分を含む飲料の国内市場は拡大している。富士経済の調査では、2015年の販売数は2130万箱の見通しで、この5年間で2割ほど伸びたという。富士フイルムはこれまで、主に中高年の女性を対象に化粧品を売り込んできたが、価格が安い飲料なら20~30代の若者にもアピールできるとみている。(奥田貫)

こんなニュースも