[PR]

 青森・五所川原の夏の夜を彩る高さ23メートルの立佞武多(たちねぷた)が18~21日、東京・銀座のソニービルに登場する。北海道新幹線開業を記念し、青森から北海道に渡ったとの伝説が残る源義経がモチーフ。五所川原で3カ月かけて作られ、展示後は壊される。昼間は1時間ごとに笛や太鼓の囃子(はやし)に合わせ、山車の周りを「ハネト」が踊る。問い合わせは青森県観光連盟(017・722・5080)。

関連ニュース