2013年8月に、「LINE(ライン)」の書き込みなどでいじめを受けていた熊本県立高校1年生の女子生徒(当時15)が自殺した問題で、学校の調査委員会(委員長=園部博範崇城大准教授)は26日、「いじめが自殺に直接的な影響を与えたとは認めがたい」とする報告書をまとめた。

 「すべてをうやむやにされたような報告書。納得できません」。自殺した女子生徒(当時15)の母親(48)は学校調査委からの報告を受けた26日、熊本市内で弁護士とともに会見し、時折涙を流しながら、とつとつと語った。

 「娘の死とずっと向き合ってきて、いじめが100%原因だと思ってきた」という。だが、2年半待ち続けた報告は、到底受け入れられるものではなかった。

 調査委は、女子生徒が夏休みを境に寮生活をやめられると見込んでいたと指摘。学校から「トラブルは解決した」と伝えられていた両親が寮生活をやめさせる判断をしなかったことも、「うつの状態」に陥った一因であるとした。

 母親は「寮をやめさせなかったのが原因と言われ、ものすごくつらい。子どもを不幸にしたい親なんていません」と憤った。同席した弁護士も「(学校側が)情報をきちんと保護者に伝えていればこうはならなかったはず」と指摘した。