[PR]

 福岡県飯塚市の筑豊自動車運転免許試験場で26日、閉庁日だったにもかかわらず、約70人が運転免許の更新に訪れるトラブルがあった。県警が更新を知らせるはがきに閉庁日を掲載し忘れたためで、県警は「今後このようなことがないようにしたい」と謝罪した。同試験場は29日も閉庁する。

 運転免許管理課によると、同試験場は老朽化のため3月から移転する。県警は移転に伴う業務休止を知らせる文章をはがきに盛り込むため、システムを昨年12月中旬に改修。その際、本来は告知対象に含まれる3月生まれの更新者が対象から抜け落ちたままはがきを印刷し、約7万人に発送した。課員と警察官が入力と点検をしたが、気づかなかったという。(井上怜)