[PR]

 政務活動費900万円余りの詐欺罪などに問われた元兵庫県議・野々村竜太郎被告(49)について、神戸地裁(佐茂剛〈さもたけし〉裁判長)は26日、保釈を認める決定を出した。保釈保証金は800万円で即日納付された。地裁は実際に保釈されたかどうかは明らかにしていない。

 在宅起訴された野々村被告は先月26日の初公判で起訴内容を否認。裁判所の職権で身柄を勾留され、神戸拘置所に収容された。弁護人は抗告したが、大阪高裁は「被告は出頭に極めて消極的。今後も公判に出廷しなかったり、証拠隠滅を図ったりする可能性は高い」として棄却。特別抗告も最高裁が退けていた。