写真・図版

[PR]

■二酸化炭素や吸着剤で除くの

 ののちゃん 夜(よる)に紅茶(こうちゃ)を飲(の)むと眠(ねむ)りにくいってお母(かあ)さんが言(い)ってた。

 藤原先生 紅茶には、コーヒーや緑茶(りょくちゃ)と同(おな)じようにカフェインが含(ふく)まれているからね。カフェインは、目(め)を覚(さ)まさせる作用(さよう)があるのよ。

 のの そうなんだ。お母さん、紅茶が好(す)きなんだけどなあ。

 先生 カフェインを抜(ぬ)いた紅茶があるのは知(し)ってるかしら。カフェインがないという意味(いみ)で「デカフェ」「カフェインレス」というような言い方(かた)で売(う)られているわよ。

 のの へー。どうやってカフェインを抜くの?

 先生 日本で販売(はんばい)されているカフェイン抜きの紅茶葉(ば)で、もっとも使(つか)われている方法(ほうほう)は、「超臨界二酸化炭素抽出法(ちょうりんかいにさんかたんそちゅうしゅつほう)」という方法よ。

 のの ちょう……? 難(むずか)しいな。

 先生 二酸化炭素(CO2)を使って茶葉のカフェインを取(と)り除(のぞ)くの。CO2は一定以上(いっていいじょう)の温度(おんど)と圧力(あつりょく)で、液体(えきたい)と気体(きたい)の両方(りょうほう)の性質(せいしつ)を併(あわ)せ持つ「超臨界流体(りゅうたい)」という状態(じょうたい)になるの。この状態のCO2は特定(とくてい)の成分(せいぶん)を溶(と)かし取り出す働(はたら)きをするわ。茶葉と混(ま)ざると、カフェインを取り出せるの。圧力をもとに戻(もど)せば、CO2は気化(きか)して茶葉には残(のこ)らない。コーヒーのカフェインを抜くときにも使われる方法よ。

 のの ペットボトルの紅茶では…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら