[PR]

 18年にわたって会長を務めたゼップ・ブラッター氏の後任を決める国際サッカー連盟(FIFA)会長選挙が26日、スイス・チューリヒであり、欧州連盟事務総長のジャンニ・インファンティノ氏(45)がアジア連盟会長のサルマン氏(50)らを破り、初当選した。インファンティノ氏は第9代会長として、汚職事件で揺れたFIFAの改革に取り組む。

 インファンティノ氏はスイス出身の弁護士。2000年に欧州連盟に入り、09年から事務総長として手腕を振るった。欧州連盟会長のミシェル・プラティニ氏が資格停止処分で立候補できなくなったため、代役として擁立された。

 改革の方針を打ち出したFIFA再建委員会のメンバー。公約ではワールドカップ(W杯)本大会の出場枠を32チームから40チームに増やすことや、FIFAから各協会への分配金の増額も掲げた。インファンティノ氏は「FIFAが(事件ではなく)サッカー中心になるように戻したい」と語った。(スイス・チューリヒ=河野正樹、後藤太輔)

こんなニュースも