[PR]

 イランの国会(定数290)と、最高指導者の任免権を持つ専門家会議(定数88)の選挙は26日、投票が行われ、27日未明(日本時間27日朝)に開票作業が始まった。融和外交を進めて経済制裁の解除を実現したロハニ大統領を支持する改革派が、議席を伸ばせるかに注目が集まっている。

 最高指導者ハメネイ師は26日、「我々を狙う敵に、高い投票率で失望を与えよう」と国民に呼びかけた。投票は午後6時終了の予定が延長を5回繰り返し、午後11時45分に締め切られた。投票所として使われた学校の一部は27日を臨時休校とした。

 イラン国営通信によると、午後9時までに約2800万人が投票した。全有権者の半数以上に当たる。(テヘラン=神田大介

こんなニュースも