[PR]

 午前0時56分、森内俊之九段が久保利明九段に134手で勝った。2勝7敗となった久保九段の降級が決まった。4勝5敗の森内九段は残留。

 午前0時59分、佐藤天彦八段が行方尚史八段に勝ち、8勝1敗で羽生善治名人への挑戦を決めた。行方八段は6勝3敗。形勢の針が微妙に揺れる大熱戦だった。(村瀬信也)

■広瀬八段が勝利、郷田王将は降級

 午前0時33分、広瀬八段が深浦九段に118手で勝った。3勝6敗とした広瀬八段は残留を決めた。同じく3勝6敗の郷田王将は、リーグの順位の差で降級となった。郷田王将は、自身の降級が決まる前に帰宅の途についた。(村瀬信也)

■郷田王将が勝ち、残留に望みつなぐ

 午後11時45分、郷田王将が屋敷九段に104手で勝った。郷田王将は3勝6敗となり、残留に望みをつないだ。屋敷九段は5勝4敗となった。(村瀬信也)

■対局者が大盤解説会に

 一足早く感想戦も終えた渡辺竜王と佐藤康光九段が大盤解説会に登場した。詰めかけた来場者は大喜びだ。

 屋敷九段―郷田王将戦を検討していた佐藤九段は、局面の複雑さに頭を悩ませながら「人の将棋を考えられる状況ではないんですよ」。つい先ほどまで隣で対局していた渡辺竜王は、局面を見ながら「このあたりで郷田さんがぼやき始めたんですよ」などと話し、笑いを誘った。(村瀬信也)

■渡辺竜王6勝目

 午後10時34分、1局終了。78手目を見て佐藤康九段が投了。渡辺竜王の勝ちが決まった。渡辺竜王は6勝3敗、佐藤康九段は5勝4敗で今期順位戦を終えた。

■佐藤八段、挑戦権に近づく

 午後10時を回り、どの対局も白熱した終盤戦に突入している。大勢の棋士が盤を取り囲み、正解の一手を模索している。

 行方八段―佐藤天彦八段戦は、佐藤八段が優勢という評判だ。このまま佐藤八段が押し切れば、A級順位戦初参加での挑戦権獲得という快挙を成し遂げることになる。

 屋敷九段―郷田王将戦もクライマックスが近い。双方の玉将の詰め手順が細かく調べられている。郷田王将は敗れると降級決定。勝てば残留の望みが出てくる。(村瀬信也)

■大盤解説会始まる

 午後7時半、将棋会館2階の道場で大盤解説会が始まった。トップバッターは人気者の木村一基八段と鈴木大介八段。木村八段はさっそく、「明日(日曜日)は仕事にいかなくていいでしょうから、ゆっくり楽しんでいって」と切り出し、「強い2人の将棋(挑戦権のかかる行方―佐藤天戦)が見たい人? 人の不幸(降級の恐れがある4人の対局)が見たい人?」と辛口トークで会場の笑いを誘った。会場は立ち見も出るほど大盛況だ。(深松真司)

■夜戦に突入

 午後7時になり、対局が再開した。ここからは決着まで休憩なしで勝負が続けられる。

 挑戦権を争う行方八段―佐藤八段戦は横歩取りの戦い。中盤戦の難所に差しかかっている。解説を務めるのは、A級への復帰を決めた三浦弘行九段。鈴木大介八段らと検討している。(村瀬信也)

■棋士続々、控室の熱気高まる

 夕方になって控室の棋士が増え、熱気が高まってきた。

 永瀬拓矢六段は、深浦九段―広瀬八段戦の解説を務める。記憶に残る「将棋界の一番長い日」の勝負を尋ねると、第69期の森内九段―久保九段戦(森内勝ち)と、第72期の三浦弘行九段―久保九段戦(三浦勝ち)を挙げた。前者は午前1時40分、後者は午前2時に終局した激闘だった。「2局とも、久保九段の粘りがすごかった」

 トップクラスの5局が同時に指される1日。「これだけ密度の濃い日はあまりない。勉強のしがいがあります」

 午後6時10分になり、夕食休憩に入った。5人が出前を注文した。

郷田王将(親子重)

森内九段(カレー丼)

久保九段(すきやき丼)

佐藤天彦八段(肉しょうが焼き定食)

広瀬八段(すきやき重)

 対局は午後7時に再開する。(村瀬信也)

■スピーディーな進行

 まだ夕食休憩に入る前だが、全体的に進行が速い。控室で検討している近藤正和六段は「昔は、『他の対局より早く悪くなってはいけない』という理由で、指し手が決まっていてもじーっとしている人が多かった。最近は、(定跡の研究が進んで)序盤の指し手がある程度決まっているので、違いますね」と分析している。

 屋敷九段―郷田王将戦は早くも終盤戦に突入しそうだ。緊迫した局面で郷田王将は△1四歩。角の活用を図った落ち着きのある手で、検討陣から「格調が高いね」の声が上がった。

 東京・千駄ケ谷の将棋会館では、午後7時30分から解説会が行われる。土曜日とあって多くの人が訪れそうだ。大阪市福島区の関西将棋会館や名古屋、福岡でも解説会が開かれる。(村瀬信也)

■作家も観戦

 控室では、作家の坂上琴さん(54)が熱戦の行方を見守っている。将棋をテーマにしたデビュー作「踊り子と将棋指し」を1月に出したばかりの新人だ。「主人公がその後にどうなったか知りたい」という声を受けて、将棋をテーマにした新作を再び構想中という。

 坂上さんは元毎日新聞の記者。名人戦を運営する部署に在籍していたことがあり、「将棋界の一番長い日」の現場に来たこともある。だが、「以前、仕事で来た時とは感じることが違う」という。「昼食休憩の時に対局室に入らせてもらったが、対局者がいなくても空気が張り詰めていた。取材であると同時に、ファンとしても楽しんでいます」と話した。(村瀬信也)

■対局再開

 午後1時、対局が再開された。

 持ち時間が1日制対局では最も長い順位戦らしく、ここからは一手一手に時間をかけた長考合戦になることが多い。

■昼食休憩に

 午後0時10分になり、昼食休憩に入った。昼食の出前を注文したのは以下の5人。

渡辺竜王(肉豆腐定食、みそ汁抜き)

郷田王将(みそ煮込みうどん)

森内九段(肉豆腐定食)

広瀬八段(みそ煮込みうどん)

佐藤天彦八段(きつねうどん、もち1個追加)

 注文しなかった5人は外食するようだ。出前をとるか、外食するか。将棋とは直接関係はないが、各棋士の個性が表れる。

 対局は午後1時に再開する。(村瀬信也)

■一番乗りは渡辺竜王

 「将棋界の一番長い日」は、戦いに臨むA級の棋士の一挙手一投足に朝から視線が注がれる。将棋会館の前には、対局開始の約1時間前から報道陣が集まった。

 10人の棋士の到着時刻は以下の通り。

渡辺竜王(午前9時29分)

森内九段(9時32分)

屋敷九段(同)

深浦九段(9時34分)

佐藤康光九段(9時35分)

広瀬八段(9時41分)

郷田王将(9時44分)

久保九段(9時45分)

佐藤天彦八段(9時48分)

行方八段(9時49分)

 一番乗りは渡辺竜王。挑戦権を争う佐藤八段と行方八段は最後に相次いで現れた。

 対局が始まって1時間以上たち、各対局の戦型が固まってきた。行方八段―佐藤八段戦は、佐藤八段が得意の横歩取りに誘導。佐藤九段―渡辺竜王戦も横歩取りに進んでいる。久保九段―森内九段戦は、久保九段の中飛車を見た森内九段が相振り飛車を選択。深浦九段―広瀬八段戦は、深浦九段が相矢倉を採用して、早くも仕掛けている。屋敷九段―郷田王将戦は、屋敷九段がオリジナルの矢倉急戦を採用。久保―森内戦以外は早々に戦いに突入しやすい形で、昼間から目が離せない展開だ。(村瀬信也)

■名人戦・A級順位戦最終戦始まる 将棋界の一番長い日

 羽生善治名人への挑戦権をトップ棋士10人が争う第74期将棋名人戦・A級順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)の最終9回戦が27日午前10時、東京都渋谷区の将棋会館で5局一斉に始まった。

 対戦カードは次の通り(左が先手)。

行方尚史八段(6勝2敗)―佐藤天彦八段(7勝1敗)

佐藤康光九段(5勝3敗)―渡辺 明竜王(5勝3敗)

久保利明九段(2勝6敗)―森内俊之九段(3勝5敗)

深浦康市九段(3勝5敗)―広瀬章人八段(2勝6敗)

屋敷伸之九段(5勝3敗)―郷田真隆王将(2勝6敗)

 A級9回戦は名人挑戦権とA級残留をかけた熱く長い戦いが続くため、「将棋界の一番長い日」と呼ばれる。

 名人挑戦の可能性があるのは首位の佐藤天八段と2位の行方八段。直接対決で佐藤天八段が勝てば挑戦決定、行方八段が勝てば両者によるプレーオフにもつれ込む。

 一方、成績下位2人がB級1組へ降級する。その恐れがあるのは郷田王将、広瀬八段、久保九段、森内九段の4人だ。

 持ち時間は各6時間。終局は深夜から翌28日未明に及ぶ見通し。(深松真司)