[PR]

 東京電力福島第一原発事故を巡り、東電から賠償金を詐取したとして詐欺罪で起訴されたNPO法人の元幹部(44)が、1月にあった自身の公判で「東電社員に指導の見返りとして報酬を支払った」と証言したことが分かった。東電社員が賠償金詐取に協力していた疑いもあり、警視庁が調べている。

 証言したのは、NPO法人「東日本大震災原子力災害等被災者支援協会」(東京都中野区)元幹部の進藤一聡(かずあき)被告。福島県郡山市の会社のコンパニオン派遣業の売り上げが、原発事故の影響で減ったと偽り、東電から賠償金約1200万円をだまし取ったとして2014年8月に逮捕、起訴された。NPO法人の代表は久間章生・元防衛相で、この会社の代理で損害賠償を請求していた。

 進藤被告は今年1月に東京地裁で開かれた公判で、起訴内容を認め、申請の手法について「東電社員に指導を受けた」と証言。申請書類の記入方法などを教えてもらう見返りに、代理申請で得た手数料の一部を報酬として支払っていたと主張している。

 警視庁もこうした証言を把握。東電社員が、申請内容が虚偽だと知りながら指導し、賠償金の詐取に加わっていた疑いもあるとみて調べている。