[PR]

(27日、名古屋1―0磐田)

 3年ぶりにJ1に復帰した磐田は黒星発進。立ち上がりこそ勢いのある攻撃でチャンスを作ったが、前半29分に失点すると元気がなくなった。全体的に自陣に下がり気味になり、後半のシュートはわずか1本に終わった。名波監督は「名古屋はここというところの寄せなどが違った」と話した。

 ●名波監督(磐) 「選手たちには開幕の緊張感を感じた」

 ●小林(磐) 「失点を怖がって下がってしまった。もっと前で行こうと思ったが……。次の浦和戦は勝ちにいく」

 ●アダイウトン(磐) 「前半20分までは我々のペースだったが、相手がやり方を変えてきてからは苦しかった」

こんなニュースも