第10回プロ・アマ囲碁名人戦(朝日新聞社主催、日本棋院後援)は27日、東京・築地の朝日新聞東京本社で打たれ、井山裕太名人(26)がアマ名人の大表拓都(おおおもてたくと)さん(19)に白番中押し勝ちした。アマがプロに先番6目半コミもらいで挑むハンディ戦。積極的に打ち進める井山名人に対して、大表さんも果敢に仕掛け返す大熱戦となったが、井山名人が地力の差を見せつけた。4月1日付で日本棋院のプロ棋士になる大表さんは、アマとしての最後の対局だった。

 東京本社では林漢傑七段による大盤解説会も開かれ、約160人が熱戦を楽しんだ。プロ・アマ戦はこれでプロの5連勝。プロの通算6勝3敗(第5回は東日本大震災の影響で中止)となった。

こんなニュースも