[PR]

(27日、名古屋1―0磐田)

 試合終了の瞬間、名古屋の小倉ゼネラルマネジャー(GM)兼監督はガッツポーズを繰り出した。J1初采配で、胸中に期待と不安が渦巻く開幕戦。「勝てたことは非常に大きい」。初陣を白星で飾り、自然と笑みがこぼれた。

 立ち上がり。緊張からかチーム全体の足取りは重い。ホームの磐田の勢いに押し込まれた。「正直、自分がパニックになりそうだった」。そんな新米監督の不安を一掃したのが、GMとして自らが獲得したFWシモビッチだった。

 前半29分、右サイドのDF矢…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら

こんなニュースも