[PR]

 愛知県小牧市の健康食品販売会社「ふれあいネットワーク」(坂本晃社長)が、名古屋国税局から2014年4月期までの2年間で約1億5千万円の所得隠しを指摘されたことがわかった。追徴課税は重加算税を含めて約6千万円とみられる。

 関係者によると、ふれあいネットワークは、顧客に健康食品などを販売する傍ら、高利回りをうたって顧客から金を集めた。顧客から返還を求められ、一部の金を返した際、売り上げから差し引くなどして意図的に所得を圧縮したという。

 同社はすでに修正申告をしたとされるが、坂本社長は昨年夏以降、連絡が取れない状態という。応対した元従業員は「追徴課税を受けたのは間違いない。元従業員の給料も未払いのままだ」などと話した。

 信用調査会社によると、同社は1996年の設立。売り上げは2015年4月期で約2億円。