芸術家のオノ・ヨーコさん(83)が26日夜、ニューヨークの病院に運ばれた。米CBSテレビは当初、「脳卒中の可能性があり、意識不明」と報じたが、ABCテレビは広報担当者の話として「重症のインフルエンザのような症状があり、担当医が病院で診断を受けるべきだと判断したと理解している。27日にも退院できると期待しており、脳卒中ではない」と伝えた。

 オノさんの息子のショーン・レノンさんはツイッターで「脳卒中ではなく、単に脱水症状と疲れだった。彼女は大丈夫だ」と発信した。

 オノさんはビートルズのジョン・レノンさんと1969年に結婚。レノンさんが80年に殺害された後も、一緒に暮らしたニューヨークのマンションに住み、芸術活動を続けてきた。昨年にはニューヨークの近代美術館(MoMA)でオノさんの60~70年代の芸術活動を紹介する企画展が開催されるなど、再評価も高まっている。(ニューヨーク=中井大助