[PR]

 東南アジア諸国連合(ASEAN)の非公式外相会議が27日、ラオスの首都ビエンチャンであった。懸案の南シナ海問題について、声明で「深刻な懸念を保持し、航行や飛行の自由の重要性を再確認する」とし、「非軍事化」の重要性にも言及した。だが、「中国」の文言はなく、中国にも配慮する内容となった。

 出席者によると、会議では、ベトナムのファム・ビン・ミン副首相兼外相が中国による南沙(スプラトリー)諸島での埋め立てや滑走路建設、西沙(パラセル)諸島でのミサイル設置などの最近の動きを具体的に言及。「平和と安定を脅かしている」と指摘した。

 フィリピンのローラ・デルロサリオ外務副大臣も、中国の軍事化の動きに対して懸念を表明。オランダ・ハーグの常設仲裁裁判所が今年前半にも中国の活動が違法かどうか司法判断を下すことを指摘し、法による解決の重要性を訴えた。

 一方、中国から多額の支援を受…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも