[PR]

(27日、大宮1―0FC東京)

 FC東京は開幕戦で手痛い負けだ。シュート数は大宮の2倍の14本。だが、ゴール前に人数を増やして守った相手を攻めきれず、最後までゴールをこじあけられなかった。「(攻撃の)手応えはゼロだった」とFW阿部。主将のDF森重も「もどかしい。0―1で負けたことをしっかり受け止めないと」と厳しかった。

 ●城福監督(東) 「勝ち点0で終わってとても悔しい。細かい部分の反省を、次に生かさないといけない」

 ●森重(東) 「失点シーンは、相手に隙を見せてしまった」

     ◇

 ▼駒野(東)は全治3~4週間 FC東京は27日、DF駒野友一(34)がチームドクターの診察を受け、右ふくらはぎの筋挫傷と診断されたと発表した。23日に行われたアジア・チャンピオンズリーグの全北戦で負傷交代していた。MF河大成(30)も右ふくらはぎの筋挫傷で全治3~4週間と診断された。

こんなニュースも