[PR]

 東京都多摩市永山3丁目のマンション4階の一室で27日夜、住人の会社員福吉香平さん(25)が胸から血を流して倒れているのを、通報で駆けつけた警察官が見つけた。胸などに複数の刺し傷があり、搬送先の病院で死亡が確認された。現場から立ち去る男が目撃されており、警視庁が殺人事件として捜査を始めた。

 捜査1課によると、福吉さんの部屋から助けを求める声がするのを、周辺の複数の住人が聞いていた。様子を見に行った隣人の男性(63)が、室内で福吉さんと男がもみ合っているのを見た。この男性は男が向かってきたため、隣の建物に飛び移ろうとして転落し、大けがをしたという。

 福吉さんは胸や背中、顔などに10カ所以上の刺し傷や切り傷があった。凶器は見つかっていないという。現場から立ち去るのが目撃されたのは、黒色の作業着姿で20代ぐらいの男。南へ走り去ったという。