[PR]

 愛知県内で28日、住宅火災が2件相次ぎ、計3人が死亡した。

 28日午前3時40分ごろ、愛知県あま市七宝町、無職三輪一巳さん(83)方付近から出火、木造平屋建ての住宅(約63平方メートル)が全焼し、焼け跡から2人の遺体が見つかった。

 県警津島署によると、三輪さんは妻(76)と長男(48)の3人暮らし。長男が室内に煙が立ちこめているのに気付き、119番通報した。出火後、三輪さん夫婦の行方がわからないという。同署は遺体の身元確認を進め、出火原因を調べている。

 また同日午後0時50分ごろ、同県碧南市大坪町1丁目の自営業岡本幸雄さん(74)方付近から出火。一部2階建ての木造住宅(約250平方メートル)と、隣接する鉄筋2階建て工場(約165平方メートル)が全焼し、住宅から1人が遺体で見つかった。碧南署によると、出火当時、岡本さんの長男(31)が屋内にいたが、連絡が取れないという。