[PR]

 米大統領選の民主党候補者指名に向けた「第4戦」となる南部サウスカロライナ州予備選が27日にあり、クリントン前国務長官(68)が勝利確実な情勢だ。これで、サンダース上院議員(74)との対決は3勝1敗。大差をつけて勝利するのは今回が初めてで、全米11州で予備選・党員集会が実施される3月1日の「スーパー・チューズデー」に向け、勢いづきそうだ。

 複数の米メディアが出口調査の結果などからクリントン氏の勝利が確実となったと報じた。同氏は黒人層から圧倒的な支持を集める。クリントン氏はこれまでの予備選で2勝しているが、いずれもサンダース氏と僅差(きんさ)だった。(コロンビア〈米サウスカロライナ州〉=佐藤武嗣)