[PR]

 東京マラソンは28日、リオデジャネイロ五輪の男子代表の選考を兼ねて行われ、高宮祐樹(ヤクルト)が自己記録を4分半余り短縮する2時間10分57秒で日本人トップの8位になり、五輪代表の選考対象に加わった。フェイサ・リレサ(エチオピア)が2時間6分56秒で初優勝。女子はヘラー・キプロプ(ケニア)が2時間21分27秒の大会新で優勝し、奥野有紀子(資生堂)が9分50秒遅れの10位で日本勢最高だった。車いすレースで男子3位の洞ノ上(ほきのうえ)浩太(ヤフー)、女子で9連覇の土田和歌子(八千代工業)はリオ・パラリンピック代表に内定した。(スタート時の天気は晴れ、気温13・3度、湿度34%)