[PR]

(28日、鹿島1―0ガ大阪)

 出場から、わずか3分。鹿島の決勝点は、FW鈴木が奪った。

 後半27分だった。敵陣右の深い位置に走り込んだMFカイオが、ふわりとした球をゴール前へ。181センチの鈴木は、跳び上がって相手に体をぶつけながら、頭で決めた。「自分の得意な形。いいボールが来たので合わせるだけだった」。同24分に一緒にピッチに入ったカイオに、感謝した。

こんなニュースも