[PR]

 福岡市西区姪の浜6丁目の路上で27日午後9時ごろ、同区姪の浜3丁目の予備校生、北川ひかるさん(19)が倒れているのがみつかり、まもなく死亡が確認された。福岡県警によると、手にけがをした少年が直後に「知り合いの女性を刺した」と近くの交番に出頭。県警は回復を待って殺人容疑で逮捕する方針。

 県警によると、出頭したのは北川さんと同じ福岡市内の予備校に通う少年(19)=同市中央区。服に血がついた状態で、両手の指の付け根にけがをしていたが命に別条はない。現場には血の付いたナイフ2本とおのが残されており、北川さんは首などに複数の刺し傷があった。司法解剖の結果、死因は出血性ショックだった。県警は、少年が複数の凶器を使って北川さんを襲った可能性があるとみている。

 2人は昨年4月から予備校に通っていたが、県警は過去に警察にストーカーなどの相談はなかったと説明している。

 親族によると、北川さんは熊本県出身。予備校の説明では、2月25~26日に国公立大の2次試験を受け、3月上旬の合格発表を待っていた。同校幹部(52)は「非常に真面目で真摯(しんし)に勉強に取り組んでいた。欠席などは少なく模範的な生徒でした」と語った。出頭した少年については「真面目な印象と聞いている」とだけ話した。

 現場はJRと福岡市地下鉄の姪浜駅から北に約700メートルの住宅街。近くの男性によると、ベランダにいた妻が、馬乗りになって襲う男を見た。男性が外に出ると、若い女性が仰向けに倒れていた。「『大丈夫?』と声をかけたが反応はなかった。抵抗したのか、右手に短い髪の毛をつかんでいた」

 少年が出頭した交番近くの男性は「交番の前に血が落ちていて、若い男が立っていた。両手にタオルをかぶせ、血がボタボタ落ちていた。やってきた救急車に乗り込み、落ち着いた様子だった」と話した。