[PR]

■阪神

 ドラフト1位の新人・高山(明大)がランニング本塁打を放った。紅白戦の六回2死一、二塁、二神の136キロをとらえた打球が中堅右を破る。一気に三つの塁を蹴って生還すると、客席が沸いた。1軍合流後の練習試合2試合で内野安打が1本だけだったが、積極的に振っていくスタイルは目をひく。この本塁打も初球だった。「結果が出たのはうれしい。前向きに、積極的にというスタイルは崩さずにやっているつもりです」=宜野座

こんなニュースも