[PR]

 旧日本軍の慰安婦だったキム・ギョンスンさんが20日、韓国ソウル市内の病院で亡くなった。89歳だった。遺族によると、キムさんは生前、昨年12月の慰安婦問題の日韓合意について「朴槿恵(パククネ)大統領と安倍晋三首相が決めたことだから、それに従わなければならない」と語っていた。

 日韓合意から28日で2カ月がたった。この間、キムさんら元慰安婦が2人亡くなり、存命は44人。韓国では支援団体などの反発が続く一方で、評価する元慰安婦らの声はほとんど表には出ていない。

 遺族によると、キムさんは慰安婦問題で日韓関係が悪化していたことを心配し、今回の合意も喜んでいた。遺族は、合意に盛り込まれた内容が実行に移される前に亡くなったことについて「残念だ」と語った。

 韓国北部に住む元慰安婦の女性は「私の人生は台無しになった」と自身の人生を振り返った。それでも合意について「安倍首相は謝罪してくれた。朴槿恵大統領も男性の大統領ができなかったことを成し遂げた。ありがたい」と評価した。

 日韓合意では、韓国政府が設立…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら