[PR]

 29日午前2時ごろ、名古屋市中区新栄1丁目の中部日本放送(CBC)で、警備員から「油のような液体がまかれた」と愛知県警に通報があった。駆けつけた中署員が灯油のような臭いを確認したといい、中署が液体の成分を調べている。

 同署によると、建物の東通用口の玄関口に、花瓶のような割れた陶器の破片とガーゼ、油のような液体が散乱していた。直前に警備員が「ガチャン」というガラスが割れるような音を聞いたという。火を付けた形跡はなく、けが人もいなかった。同署は器物損壊や業務妨害などの疑いがあるとみて捜査している。