[PR]

 米大統領選の共和党候補者指名争いで、先頭を走る実業家トランプ氏(69)と、追い上げを図る上院議員ルビオ氏(44)の非難合戦が激しくなっている。前半戦の山場、全米11州で予備選・党員集会がある3月1日のスーパーチューズデーを目前に、小学生並みの口げんかが続いている。

 「トランプ氏の毛穴は日焼け用スプレーで詰まっているから、汗をかかないんだ」「保守運動を詐欺師に乗っ取られるな」。2月28日、ルビオ氏はバージニア州の演説でトランプ氏への批判を展開した。世論調査で差を広げられ、縮まりそうにない。これまで外交分野などでの政策論争でアピールし、個人攻撃を避けてきたが、戦略を変えた模様だ。テレビ番組でも「天下一品の詐欺師」と非難を繰り返した。

 攻勢が目立ったのは25日の討論会。トランプ氏が「(国境に)壁を作り代金はメキシコに払わせる」と訴えると、一部報道を引いて「(トランプ氏の代名詞となっているニューヨークの高層ビル)トランプ・タワーのように不法移民の労働者を雇うのか」と口をはさんだ。トランプ氏が雇用流出を問題視すれば、「(トランプ・ブランドの)ネクタイや服は海外製。なぜ米国で作らない」。

 トランプ氏も黙ってはいない。ルビオ氏を「小さなルビオ」「軽量級」とさげすみ、「討論会で彼はプールから出てきた直後のように汗だらけだった」「(ロシアの)プーチンと向き合うには汗をかかない人間が必要だ」。

 集会では「ルビオのマネだ」と言いながら、ペットボトルの水を会場にまき散らし、大喝采を浴びた。討論会で水をよく飲むルビオ氏への中傷だ。

 主要メディアは「校庭でのとっくみあい」(米ニューヨーク・タイムズ紙)などとあきれている。(ニューヨーク=金成隆一