[PR]

 【気象庁札幌管区気象台発表】北海道地方は、3月1日にかけて見通しがまったくきかない猛ふぶき、大雪や吹きだまりにより車の運転が困難になるなどの交通障害のおそれがあります。外出を控えるとともに、暴風、高波、大雪に厳重に警戒してください。

【気象概況】

 前線を伴った低気圧が日本海を急速に発達しながら北東に進んでおり、日本海側南部や太平洋側では風や雪の降り方が強まってきました。低気圧は、29日夜から3月1日朝にかけて北海道付近を通過し、強い冬型の気圧配置となるでしょう。

【防災事項】

 北海道地方では、29日は東または南東の風が雪を伴い非常に強く、暴風雪となるでしょう。風は一旦弱まる時間もありますが、低気圧の通過後は北西の風に急変してさらに強まり、3月1日は北海道地方の広い範囲で暴風雪となる見込みです。海は大しけで、3月1日は猛烈なしけとなる所があるでしょう。

 風や天気の急変、暴風や高波、大雪に厳重に警戒してください。

 特に、29日夜遅くから3月1日明け方にかけては、日本海側南部で見通しがまったくきかない猛ふぶき、大雪や吹きだまりにより車の運転が困難になるなど、交通機関に大きな影響がでるおそれがあります。外出は控えてください。

 オホーツク海、宗谷海峡、根室海峡では、流氷の動きが激しくなりますので注意してください。

【風の予想】

 29日の最大風速(最大瞬間風速)▽日本海側南部=南東のち西の風、海上28メートル(40メートル)、陸上25メートル(35メートル)▽日本海側北部・太平洋側西部=東の風、海上25メートル(35メートル)、陸上20メートル(35メートル)▽オホーツク海側=南東の風、海上23メートル(35メートル)、陸上18メートル(30メートル)

 3月1日の最大風速(最大瞬間風速)▽日本海側南部・太平洋側西部=西または北西の風、海上28メートル(40メートル)、陸上25メートル(35メートル)▽日本海側北部=北または北西の風、海上25メートル(35メートル)、陸上23メートル(35メートル)▽太平洋側東部・オホーツク海側=北または北西の風、海上25メートル(35メートル)、陸上20メートル(35メートル)

【波の予想】

 29日の波の高さ▽日本海側南部8メートル▽太平洋側西部6メートル

 3月1日の波の高さ▽日本海側南部9メートル▽日本海側北部・太平洋側西部6メートル

【雪の予想】

 29日12時から3月1日12時までの降雪量▽北海道地方の多い所50センチ

 引き続き、地元気象台や測候所が発表する気象情報に留意してください。(29日11時09分、札幌管区気象台発表)