[PR]

 世界的な冒険家だった故植村直己さんを記念した冒険賞の2015年の受賞者が29日に発表され、カナダ在住のマッシャー(犬ぞり使い)、本多有香さん(43)が選ばれた。14年は、受賞内定者が辞退したため、2年ぶりの受賞者発表となった。

 本多さんは新潟市出身。大学時代、カナダを旅行し、犬ぞりに魅せられた。1998年からカナダや米アラスカ州の養犬場で経験を積んだ。09年からカナダ・ユーコン準州の原野で犬たちと暮らしている。12年に「ユーコン・クエスト」(米アラスカ州―カナダ)、15年に「アイディタロッド」(アラスカ州)のともに約1600キロの「北米2大犬ぞりレース」で日本人女性として初完走した。

 「極北の原野で犬たちと暮らし、マッシャーとなる夢を実現した」(選考委)ことが受賞理由。東京都内で会見した本多さんは「これからも犬たちと幸せに犬ぞりを楽しみたい」と話した。(近藤幸夫)