[PR]

 サッカー女子のリオデジャネイロ五輪アジア最終予選は29日、大阪市のキンチョウスタジアムなど2会場に、日本(なでしこジャパン)、オーストラリア、韓国、中国、ベトナム、北朝鮮の6チームが集って始まった。

 世界ランク4位の日本は同9位のオーストラリアとの第1戦に臨み、1―3で敗れた。日本は2点を追う前半終了間際に大儀見が1点を返したが、後半33分に追加点を奪われた。

 日本の先発はGK山根、DF有吉、岩清水、熊谷、鮫島、MF川澄、宮間、阪口、中島、FW大野、大儀見。

 このほか、第1日は中国が2―0でベトナムに勝ち、北朝鮮と韓国は1―1で引き分けた。

 最終予選は10日間の日程で6チームが総当たりし、上位2チームが五輪出場権を手にする。

 ▽交代 【日】横山=長野(前40分、大野)岩渕=バイエルン・ミュンヘン(後39分、鮫島)川村=仙台(後39分、川澄)

     ◇

 日本・佐々木監督 「悪い内容ではなかった。今から大きな改革はできないが、プレーの精度を見つめ直す。残りを全勝するために準備したい。体調を整えて起用する選手を選んでいく。下を向くわけにいかない」

 宮間 「これが自分たちの実力だと思う。あと4勝するしかない。もう一度自分たちを見つめ直すしかない」

 大儀見 前半に1得点。「2~3点取れる選手にならないといけない。もっと落ち着いてやれば、優位に進められた」

 鮫島 「(日本の試合と同時刻に行われていた)北朝鮮と韓国の試合が引き分けたので、私たちにもまだチャンスはある」

 熊谷 クロスから喫した1、3失点目に、「(1月の)沖縄合宿からクロス対応を課題としてきたので、本当に反省が必要」。