[PR]

 「夏の高校野球」の第1回大会の開催地・豊中グラウンドのあった大阪府豊中市と、日本高校野球連盟、朝日新聞社は1日、グラウンド跡地付近にある高校野球メモリアルパークを再整備することで合意した。現在の114平方メートルから約4倍に拡大する。長さ約40メートルの通路に沿って歴代優勝校の銘板を並べるという。

 現在の全国高校野球選手権大会の前身「全国中等学校優勝野球大会」は、1915年に豊中グラウンドで始まった。大会は昨年に100年を迎え、豊中市が再整備を検討してきた。工事費は約4600万円で3者で負担する。10月に着工し、来年3月に完成予定。

 現在のメモリアルパークは88年に第70回大会を記念して整備され、第1回大会当時の村山龍平・朝日新聞社長の始球式の様子をモチーフにしたレリーフが設置され、当時の赤れんが塀も再現されている。

 覚書締結式が豊中市役所であり、浅利敬一郎市長と日本高野連の八田英二会長、朝日新聞大阪本社の後藤尚雄代表が調印した。八田会長は「再整備によってより多くの高校野球に関心のある人が豊中市を訪れ、高校野球の原点であるメモリアルパークを見ていただくことになるのは感動的です」と話した。