[PR]

 米アカデミー賞にノミネートされた俳優が2年連続で全員白人だったとして批判が出ていた問題を受け、28日の授賞式で司会を務めた黒人コメディアンのクリス・ロック氏は「白人が選んだ賞へようこそ」などと、壇上からジョークを交えつつ批判した。

 今年の授賞式には、黒人監督スパイク・リー氏らがボイコットを表明。ロック氏も出演見送りを考えたというが、自分がいなくても「アカデミー賞は開催される」と語った。また「黒人俳優も、白人俳優と同じ機会が欲しい」と訴えた。

 昨年に続いて監督賞を受賞したメキシコ出身のアレハンドロ・G・イニャリトゥ監督も「人の肌の色が、髪の毛の長さと同じくらい意味のない将来になるよう夢見ている」と語った。

 アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーは、賞の選考メンバーが白人男性中心だとの批判を受け、メンバーの構成について2020年までに白人以外の人種や女性を現状の2倍にすると発表している。(ロサンゼルス=平山亜理)

こんなニュースも