宮内庁は29日、天皇陛下がA型インフルエンザと診断されたため、3月1日に予定されていたエジプト大統領との会見や昼食会は皇太子さまが代理を務めると発表した。昼食会には秋篠宮さまが同席する。

 天皇陛下は27日夕に発熱が確認され、28日夜の検査で判明した。38度前後の熱のほか、のどの痛みや軽いせきの症状があり、29日の公務はすべて取りやめた。

関連ニュース