[PR]

(サッカー女子・リオ五輪アジア最終予選 日本1―3豪州)

 引退した澤穂希さんから背番号10を受け継いだFW大儀見が、日本の唯一の得点を挙げた。2点を追う前半終了間際、阪口のシュートに左足を伸ばしてゴールに流しこんだ。黒星発進に、「もっと攻撃に工夫は必要。ただ、これで予選が終わったわけではない。前向きに切り替えるしかない」と、奮い立たせるように話した。

こんなニュースも