[PR]

 福岡市西区の路上で2月27日夜に刺され死亡した予備校生、北川ひかるさん(19)=同区=の後頭部や背中に、刃物による複数の傷があったことが捜査関係者への取材でわかった。福岡県警は、北川さんが背後から突然襲われた可能性があるとみて調べている。

 事件直後には同じ予備校に通う少年(19)=同市中央区=が手にけがを負い、「女性を刺した」と交番に出頭。県警は回復を待って殺人容疑で逮捕する方針。

 司法解剖の結果、北川さんの首や顔、後頭部など計数十カ所に刺し傷や切り傷があり、手には凶器を防ごうとしてできた傷もあった。捜査関係者によると、現場に逃げ回った形跡はなく、後頭部や背中の傷は背後から突然切りつけられてできた可能性があるという。北川さんは当時、帰宅途中だったとみられる。

 少年は出頭した際、「(北川さんに)ばかにされたと思い、腹が立った」などと話し、2人の間にトラブルがあったという内容の説明をしたという。現場には凶器とみられるナイフ2本とおのの他に、少年の携帯電話が残されていた。県警は携帯電話を解析し、2人のやりとりがなかったか調べる。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら