[PR]

 パトカーのガラスを割ったなどとして、警視庁は、東京都日野市の中学3年の少年(15)を公務執行妨害容疑で2月29日夜に現行犯逮捕し、1日発表した。少年は包丁を持っており、逮捕の際、日野署員が地面に向けて威嚇発砲した。現場では20代男性が右太ももにけがをしており、署は、少年が面識のない男性を襲ったとみて調べている。

 署によると、少年は29日午後11時15分ごろ、日野市の路上で、縄の先に金具がついた「かぎ縄」のようなものを振り回し、通報で駆けつけたパトカーのボンネットやリアガラスを壊した疑いがある。

 署の説明では、包丁を持った少年が警告に応じずに近づいたため、署員(44)が約3メートル先から地面に向けて拳銃を1発撃った。少年は、この署員に体当たりしたところを取り押さえられた。勝見忠法署長は発砲について「適正な職務執行と考えている」としている。