[PR]

 1日午前3時ごろ、大阪府豊中市蛍池東町1丁目で「車がぶつかったような音がした」と近所の住民から豊中署に通報があった。署によると、神戸山口組系暴力団事務所の隣の駐車場に乗用車が乗り捨てられており、駐車場と事務所を隔てるブロック塀の一部が壊れていた。けが人はいなかった。府警は山口組分裂をめぐるトラブルの可能性もあるとみて調べている。

 署などによると、車はエンジンがかかったままハザードランプが点灯した状態で、バンパーが外れていた。府警は何者かがブロック塀に衝突させて逃走したとみている。この組は2014年9月に組長が死亡してから、組長不在の状態が続いているという。車は盗難車とみて捜査している。