[PR]

 太陽光発電設備工事などに絡み、電気工事会社「EKO(イーケーオー)サービス」(愛知県東海市)が名古屋国税局から2015年2月期までの3年間で約1億1千万円の所得隠しを指摘されたことがわかった。追徴課税は重加算税も含め約5千万円とみられる。

 関係者によると、EKOサービスは未完成の太陽光発電設備の外注費や資材費などの経費を、すでに完成している別の工事の費用に付け替え、意図的に所得を圧縮した。また、架空外注費の水増しも指摘された模様だ。

 同社は、すでに修正申告をしている。取材に対し、社長は「顧問税理士のミスだ」と話した。

 信用調査会社によると、同社は10年の設立。売り上げは15年2月期で約10億円。東日本大震災後、売り上げを急激に伸ばしている。