[PR]

 川崎市の河川敷で昨年2月、中学1年の上村(うえむら)遼太さん(当時13)が殺害された事件で、起訴された3人のうち傷害致死罪に問われた無職少年(18)の裁判員裁判が2日、横浜地裁(近藤宏子裁判長)で始まった。カッターナイフで上村さんを切りつける行為に加わり、結果的に死なせたとする起訴内容について、被告は「間違いありません」と認めた。

 この少年は上村さんと親しく、事件当夜に呼び出す役割を果たしたとされている。起訴状によると、被告は無職少年(19)=殺人罪などで懲役9年以上13年以下の不定期刑が確定=や元職人の少年(18)=傷害致死罪で起訴=と共謀。昨年2月20日午前2時ごろ、川崎区の多摩川河川敷で上村さんの首をカッターナイフで切るなどして死なせたとされる。

 被告は罪状認否で、「元職人の少年が切りつけたところは見ていない」と述べた。