[PR]

 1日午前10時8分ごろ、福井県美浜町の上空を飛行していた「朝日航洋」(東京都江東区)の大型ヘリコプター(アエロスパシアル式AS332L1型)から、重さ約1トンになる木箱が約100メートル下の山中に落下した。けが人はいなかった。

 国の運輸安全委員会は、深刻な事故につながりかねない重大インシデントに認定し、調査開始を決めた。

 国土交通省によると、ヘリは関西電力からの依頼で、電線の絶縁に使う部品「ガイシ」を鉄塔建て替え工事現場に運んでいた。美浜町内の場外離着陸場を離陸した直後に木箱を落とした。