[PR]

 綱とりに挑む大関の琴奨菊が1日、大阪に入ってから初の稽古に臨んだ。

 注目度ナンバーワンの関取だけに、大阪府松原市の佐渡ケ嶽部屋には報道陣以外の見物客も多く、稽古場に入った際は「お客さん、多いねえ」と驚いた様子。

 ストレッチやすり足などで軽く体をほぐした後は、若手相手に立ち合いの稽古を中心に行った。踏み込む位置などを確認しながら、回数は少なめのゆったりとしたペース。「しっかり体を慣らしつつ、ケアも考えてね」と、約2時間を想定通りに過ごした。

 様々な行事への出席などで忙しい日々を重ねてきたが、時間の少ない中でもやるべきことは続けてきたといい、「体(の状態)、落ちてないですよね」と報道陣に質問する場面も。

 「どんな状況でも切り抜けて、そして勝たないといけないですから」と琴奨菊。週明けからは関取とのぶつかり稽古に入り、実戦感覚を磨いていく方針だ。

こんなニュースも