[PR]

 女子マラソンの福士加代子選手(ワコール)がエントリーしていた13日開催の名古屋ウィメンズへの出場撤回を表明した。大会の実行委員会が1日に発表した。撤回理由について、ワコールの永山忠幸監督は「メールなどで一般の多くの方から福士のことを心配して頂いた。名古屋での可能性を検討してチームとして総合的に判断した」と説明している。

 福士選手は、リオデジャネイロ五輪女子マラソンの代表選考会を兼ねた1月の大阪国際女子マラソンで優勝して代表入りが濃厚だが、選考要項により内定はせず、翌日に永山監督が再出場の意向を表明する異例の事態に発展。日本陸上競技連盟の麻場一徳強化委員長が出場撤回を呼び掛けるなど、出場の是非や選考のあり方が議論されていた。

 日本陸連の尾県貢専務理事は「大阪国際女子での身体的なダメージを考えると、今回の判断は的確だと思います。まずは疲労を抜き、万全の状態で次の目標に向けて再始動してもらえればと思います」とコメントした。

こんなニュースも