プレナス(福岡市)が展開する定食店「やよい軒」が米国に進出する。すでにアジアやオセアニアで150店超が進出しており、和食ブームに乗って海外事業のさらなる拡大を目指す。

 今月4日に米国1号店がカリフォルニア州でオープンする。店名は「YAYOI」で、木目調のテーブルや棚田をモチーフにした壁面など、「和」をイメージした内装にする。

 「しょうが焼き定食」(15・5ドル)や「なす味噌(みそ)とサバの塩焼き定食」(18・5ドル)など日本でも定番のメニューのほか、単品のメニューも充実させる。

 米国へは2014年から進出準備を進めてきた。17年2月までに米国の店舗を計6店に増やす計画だ。

 「やよい軒」は海外ではタイ、シンガポール、豪州、台湾へすでに進出している。店舗数は国内297店、海外は156店。海外店の大半はタイにある。プレナスは「国内市場が厳しくなる中で現在進出している国以外でも展開を拡大していきたい」(広報)としている。(柴田秀並)