[PR]

 千葉県我孫子市鳥の博物館が、手賀沼近くの林で観察しているフクロウの「子育て日記」を紹介している。ネズミなどの哺乳類だけでなく、人に身近なヤモリやハトも餌にする「都会派」フクロウの姿が楽しめる。

 博物館は2007年、小型カメラ付きの巣箱を設置。08年から24時間体制で撮影・観察を始め、ヒナが成長する姿をインターネットで公開している。昨年までに15羽が巣立った。

 公開されているのは一眼レフカメラを仕込み映像が豊富な11年の記録だ。親が卵を抱いてヒナが巣立つまで、3~5月にかけての約60日間を日記形式で標本やパネルを使って展示している。

 フクロウの羽は柔らかくノコギリの歯のような突起があり、羽音が出にくいため獲物に気づかれないように飛べる。この特徴が新幹線のパンタグラフに生かされ、低騒音化が図られた。会場にはカワラバトの羽と比較し、触って柔らかさを体験できるコーナーもある。博物館は「身近なようで意外に知らないフクロウの魅力にふれてほしい」。

 6月26日まで。問い合わせは同館(04・7185・2212)へ。