小塚博さん(こづか・ひろし=元第五福竜丸乗組員)が1月26日、肺炎で死去、84歳。葬儀はすでに営まれた。自宅は静岡県牧之原市落居。喪主は長男勉(つとむ)さん。

 1954年3月1日、太平洋ビキニ環礁で操業中、米国の水爆実験で被曝(ひばく)。93年にC型肝炎を発症、医療費補助を求めて船員保険の適用を申請した。国は2000年、被曝治療の輸血が原因として申請を認めた。